同じ職場に長く居ると、知りたくなくても知ってしまう

スポンサーリンク

前回も書きましたが、同じ職場で長く働いてると知りたくないことでも、知ってしまうことが有るの。

別に望んでもいないのに、気づいたら、かなり事情通になってるワタシ。

別に噂好きじゃありませんが、オバサンになると聞き出し上手になるんですよー。

さてその中でも、ちょっとアララ…ということがあって、これはまだ勤めてるうちは書けない。

退職したのちに書こうと思います。

で、それとは別の話です。

スポンサーリンク

料理の業種は未知な分野でしたが

 

イメージとしては腕次第の職業なのだろうなと。

♪包丁一本さらしに巻いて~ 旅に出るのが板場の修行ぉ~♪

これは昭和の旅がらすの板さんで、今は皆さん安定志向ですね。

パート先は、複数のホテルを経営してるので料理人さんも会社員でサラリーマンなんです。

特に能力給などは無く、かといって料理人は大卒でも高卒でも意味が無いみたい。

一般社員と変わらぬ人事評価らしいです。

 

 

最近、年功序列で料理長に昇進した人の技量が劣っているため、不平不満の声が出てくすぶっているんです。

料理長といっても料理以外に色々仕事はあるけど、

現場では結局、腕が備わってない人は認めないよと言う、暗黙の基準があるのよね。

確かに、納得出来ない気持ちも分かるけど…

 

 

これでは料理長も居心地悪いだろなと思いますが、でも実力以上の地位に付いたわけだし、運が良いですよね。

色々話を聞いていて、そもそも料理人枠と一般社員と同じ人事評価にしちゃダメよねーと思いました。

料理人枠は特別ですよ、能力重視でいいのではないかしら。

ワタシがオーナーだったら年齢関係なしで、腕次第というサバイバル枠にしますけどね。

そうしないと腕の良い人は去ってしまいますよ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
◆◆更新中です♪
仕事
スポンサーリンク



ちょっとアレですけど、セミリタイアしました
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました