スポンサーリンク

みっともないけど背に腹は代えられない

そう言えば映画ボヘミアンラプソディーを観て、フレディが孤独で泣いてしまったという感想が多くあるそうですが、アラそうお?ワタシは全然悲しくなかったんですけどねぇ。

一般的な家庭の幸せは手に入れなくとも、地位や名声、カネを手にし、たくさんのファンに愛されたのだから全然孤独で可哀そうな人じゃないですよ。


あれだけの才能を持ち、好きな事して成功したんだから幸せ者でしょうに。それでも人間だから時々は淋しくなって当たり前。
もしもぬくぬくと家族団らんするお父さんになってたらフレディの芸術性は発揮出来なかったんじゃないのかな?ひとりで研ぎ澄まされた環境だからこそあれだけの名曲ができたんだろうと推察しますが。



それにしてもおひとり様は孤独で寂しいよねという世間の感覚が根強くて嫌ね。

フレディと違って地位と名声カネは手にしてませんが、ワタシだって別に孤独で淋しくありません。おひとり様のメリットを活かして楽しく暮らしてますよ。


とはいえ、最近の寒さにはちょっと参ってて不幸を感じているの。
寒いのとひもじいのは幸せの対極なのでホント嫌、昼間でも寒くて我慢できず暖房は23度設定でオン。


暖めるのは6畳一間だけにしてるけど、扉を締め切りに出来ないのが猫飼いしてる辛さ。15cm幅で引き戸を開け、暖気が逃げるのが嫌でレースカーテンを画鋲で止めました。

下は開いてるので猫は出入りできるし、部屋は暖かいしでグットアイデア。
ちょっとみっともないけど背に腹は代えられないのですよ。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク
error: Content is protected !!