スポンサーリンク

何故か金持ちの親というのは子供に甘いのよね

先日の記事で元JALにお勤めだった方にコメントをいただいたのですが、案の定、美恵子さんはコネ入社だったそうですよ。まぁ一目瞭然でしたね。笑

昔はJALのスッチー(当時はこう呼んだ)は物凄い狭き門で、ワタシの同級生で才色兼備で優秀だった子でも落ちてましたからね。元々人気な上、縁故入社で採用枠が減れば実力で入社するのは至難の業だ。。。

不合格になった方は憤って当然だと思う。実力以外で合否が左右されるなんて酷いと思いますよ。
でもねぇ、こんな不条理な事があっていいものかと思う反面、自分にとって有利に活用できるものが有れば誰だって利用するに決まってるよねとも思う。

立場変わって自分だってコネのある身になれば同じことするんじゃないのと。



ワタシの知り合いで独立開業するにあたり、顧客の付いてる会社を買いました。客が付いてるから最初から安定した売上はあるので、楽なスタートです。
その購入資金のうち2000万は親が出してくれて、残りは月々のローンで支払いしたという。


普通の親ならとてもそんな大金出して貰えないけど、もしもたまたま裕福な家に生まれ資金援助してくれるなら当然頼ると思う。



それに何故か金持ちの親というのは子供に甘いのよねぇ。一生守ってやれるならいいけどそんなの無理でしょ? 自立して欲しいけれど心配で手助けをしてしまうのかしら?
それで失敗したのが三田佳子の次男か。我が子可愛さが裏目に出たケースだわ。

親の力でコネ入社したり、事業資金を出して貰ったりと、裕福な家に生まれたらそれを利用しても有りかな。
羨ましいけど本人の好むと好まざるとに関わらず、金持ちの親元に生まれたんだから妬んでもしょうがないさ。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらもお勧め記事です

error: Content is protected !!