スポンサーリンク

高齢になったら余力を残して働く事が大事

人生100年時代と云われるようになって、これから年金は減額されるから70歳迄働きましょう、働かなければならない、ということを巷で云われるようになりましたよね。

人によってはリタイア生活は、やる事が無くて暇と思う方もいるようだし、せいぜい1日5時間程度で、週の半分くらい働くなら身体的負担にならずに良いんじゃないかと思います。

ワタシは1日3時間勤務で週3,4回労働ですが、これぐらいだと疲労も貯まらず丁度いい。

これ以上の働けばセミリタイアしてる意味が無くなるし、稼ぎたいなら都会の方が求人が多くて時給も高い。そもそも田舎なんかに越して来ませんよ。



余裕のある緩い働き方が結局は継続する秘訣じゃないでしょうか。

54歳のワタシだってこうなんだから、余力を残して働くことが高齢になったら特に大事だと思います。年を取れば、体だって頭脳だって若い頃より衰えてくるのは当たり前。

自分はやれてるつもりでもホントは全然できて無かったり、ポカっと丸っきり失念してたりする。でも周りは教えてくれないし、密かに呆けてんじゃないのと陰口言われたり。



今の職場でそういう方が実際にいるので、ちょっとマズいよねと思うのですよ。

60歳をとっくに超えてもまだ欲張って働いて稼ごうなんてのが、そもそも無理な話です。機械と同じで、経年劣化してるのにフルスロットルしたら壊れてしまい、却って被害が大きくなるという結果に成り兼ねない。

だから余裕の範囲で働いて、身体も頭も疲れない程度にとどめる事が肝心なんですよね。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらもお勧め記事です

コメント

  1. take off より:
    ユウさん こんにちは。 それ正論だと思います。60歳過ぎて頑張る人多すぎます、困ったもんです。内の会社の 人たちですが。 僕も60過ぎて富津に引っ越し、のんびり働こうと思っていたのがとんでもなく働かされています。このままだと過労で死んでしまいそうです。 なので働き方改革を自分で実行しようと考えています。もう無理なんですよね、フルタイムならまだしも徹夜日数が多すぎ! いくら給料が良くてもダメですね。よく言われるのがいくらだったら我慢できる?と。 自分の心の中では3000万円だったら1年我慢、5000万円だったら2年我慢かなと。 でもお金じゃなく本心は大貫海岸で毎日シーカヤックをやりたい、浜金谷で釣りをやりたい、南無谷海岸で遊びたい。 人に言わせるとお前は贅沢すぎると役員に言われますが・・・・。 ユウさん、細く長くのんびりがいいですね。
  2. ユウ より:
    teke offさんはまだそんなに働いてると知って絶句です。お金も有ればあったで嬉しいけれど、体力のいる遊びは60代までしかできないので、是非働き方革命をされて程々のところで手を打ってください。
error: Content is protected !!