子供の頃の借りを返せとばかりに、親に暴言暴力を振るっても

今日のテレフォン人生相談は何とも気重な、聴いててゾッとする内容でした。

家庭内暴力で悩んでいる母親からの相談で、18才の息子に殴られ蹴られ、今までに骨折や鼓膜を破られたり、何度も警察を呼ぼうとしたという。

数日前も息子が暴れ、殴る蹴るされた上に、顔を踏まれ唾を吐きかけられたと。さすがにここまでされて参ってしまったそうだ。



回答者の先生によると、息子さんがあなたをここまで蹴るという事は、こっちに来るな、お母さんを怖がっていると言う。暴力が止まないのは「僕を助けてくれ」と叫んでいるのだそう。


10代の息子が荒れる原因は、親と子の関係、両親の夫婦仲など家庭の問題が大きな原因だろうと思います。しかし実際、こんな荒れた息子に親はどう向き合えばいいのか。

こんな息子だったら可愛いと思えないわと思うのはワタシに子供が居ないからか。

親孝行な子供なら欲しいけど、こんなろくでもない子供なら要らないと思うワタシは、やっぱり親にならなくて良かったな。



親子関係に問題があったと思いますが

パート先の方で、定年して再雇用の60代男性ですが、突然急病になったという事で数週間入院されました。しかし、実は酔って暴れた息子にフライパンで殴られ、大怪我したのだと知り大変驚きましたよ。

息子さんはもう30代なのに、定職に就いていないというのですから、もう救いようがないかなと。聴いてて、暗~い気持ちになりました。

子供の頃の借りを返せとばかりに、親に暴言暴力を振るってるのでしょう。
でも今更30歳過ぎた息子に親が何を出来るでしょう?もう親に出来ることはありません



家庭環境が子供の人生に与える影響は計り知れず、親には重大な責任があるので空恐ろしくなります。

子供は小学生までが可愛いらしい。猫はその点、何年たっても心も体も幼いまま。ワタシは猫の人生に責任持つだけで精一杯ですねぇ。

スポンサーリンク
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
SNSフォローボタン






error: Content is protected !!