最期を無事看取る事が出来ました

スポンサーリンク

今日は朝の出がけに、ぴーちゃんがシリンジでお水とスープフードをごくんと飲んでくれました。

あ、これは少し調子が良くなったかなと、9時半には帰ってくるからねと声を掛けて出かけました。
そして、戻ったのが9時40分。ワタシが帰ってきたのがわかったのか、少し首を動かした。

2匹の猫らにご飯をあげて、その頃ぴーちゃんはスーッスーッと小さく寝息をたてて、普通に寝ているような様子。

呼吸が楽そうだなと安心して、とワタシも隣に横になって目が覚めたら12時頃でした。

スポンサーリンク

やっとad缶が手に入ったけれど

 

すぐに玄関前を見に行ったら、メルカリで買ったヒルズのad缶が届いてます。良い方に譲って貰ったけど、もうとても食べられるような状態では…。

急にぴーちゃんの様子が悪化してきて、時々小さな声で叫んだり、手足がピーンと突っ張ったりしてきた。

これはもうだめだかもと思い、それから付きっ切りで横にいて、最期を無事看取る事が出来ました。

胸の上下が無くなり呼吸が止まったのが8月19日午後12時49分、享年22歳と2カ月。

人間でいうと104才くらいかしら。もうアッパレな猫生ですよ。

 

 

午後からはぴーちゃんのそばで、まだデジカメじゃ無い頃、フィルムカメラで撮った頃のアルバムを眺め、懐かしい思い出に浸ってました。

 

 

桜井識子さんの本では、動物は植物と同じような大自然のサイクルの生き物だそうです。

死ぬというよりも、ちょっと大自然に戻ってきます、みたいな感覚なんだそう。だから循環しているそのサイクルから、植物や動物は再び生まれてくるのです。

その話に合点がいくのは、他の2匹の様子です。ぴーちゃんが臥せっていても、ふーんという感じで、我関せず。

アラ、冷たいのねと思ったけど、猫同士はそんなことは大したことじゃないんだよね、それより僕らのご飯!だったんです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
twitter欄から最新のYouTube更新に飛べます♪
スポンサーリンク



ちょっとアレですけど、セミリタイアしました

コメント

  1. ふう より:

    初めまして
    ピーちゃん大往生ですね、昨年我が家の福ちゃんも虹の橋を渡りました
    残念ながら私は看取ることは出来ませんでした。
    心よりご冥福をお祈り申し上げます。

  2. Michele より:

    残念でしたね。でも大往生。褒めてあげなくてはなりませんね。ゆうさんもお疲れさまでした。

  3. ひろし より:

    ぴーちゃんほんとうに長生きしてくれましたね。
    ほんと最後に一緒にいられて良かったです。

    自分はまだ飼い猫の死から立ち直れていないのでネコの死や病気をブログで見かけると悲しくなりますね(;^ω^)

  4. まいたけ より:

    ぴーちゃん最期までよく頑張りましたね!
    ユウさんもお疲れ様でした。
    22年も側にいてくれて、幸せだったと思います。
    ゆっくり休んでくださいね!

  5. kotone より:

    初めてコメントさせて頂きます。
    ぴーちゃん22歳、大往生でしたね。
    22年間、寄り添って生きることが出来て幸せだったでしょう。
    最後を看取ることが出来たのは飼い主冥利につきると思います。
    お疲れ様、ありがとう。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました