スポンサーリンク

自分勝手したいなら結婚して家庭なんか持つべきでは無いです

昨日は父親の通院日で、いつもはせいぜい待っても1時間なのに、なんと3時間も待たされ散々でした。あの待合室の固い長椅子に長時間座り腰と足が痛くなりました。椅子というのは大事ですね、ホント。

普通に働いてて、たまの休日がこんな事で潰れてたらタマリマセン… セミリタイア生活で良かったと思うのはこんな時です。

その病院は父の様な高齢者が殆んどで、3時間の待ち時間はお年寄りにかなり苦行だったと思います。待たされて文句言ってる人もいたし、ひとりで来てるお婆さんは、まだですか、まだですかと受付でひっきりなしに訊いていたし。

そしてウチの父も案の定、待ってるのに飽きて、ブツブツ文句を言い始めたのです、誰の為に来てると思ってんのさ、と怒りを覚えるものの人目もある。そこはこらえて、もう少しだよなどと、なだめすかしましたが。


ユウさんてお父さんに冷たいのね、と思われる向きもあるだろうが、こればっかりは長年の親子関係の積み重ねが今の状態で、他人には解からないかと。

父は子供に愛情が無かったわけでは無いだろうけど、基本は自分が一番大事な人で、ずっと家族よりも自分のやりたい事をやってきた人。

思うに、こういう思考の人は結婚して家庭なんか持つべきでは無いです。たまたま勧められて見合いして適齢期だから、皆がそうするからと結婚したんだろうなと。子供はいい迷惑だ。

娘にこんな思考分析される様な父親になっちゃいけませんね。笑



父は表向きは普通に子供を養育し教育は受けさせたけど、子としてはそれだけで、それ以上では無かったなという思いだけ。それが証拠にワタシ以外の姉弟も父親の事なんぞ、それ程気にかけていませんからね。

時々、ウチの無邪気な飼い猫をみてふと思います。

飼主の揺るぎない愛情を受けて育つと、こんなにも天真爛漫な性格になるのだなぁと。これは人間にも通ずることで、親がワタシの心の奥底に黒い点を作ったのは間違いないな、と思うのですよ。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!