思いもかけないところが痛む、年を取るっていやねぇと思う瞬間

最近腕に力を入れると二の腕の筋肉がズキッと痛みます。
車のハンドルを回す時に痛くなって、あれどうしたんだろうと困惑しました。思いもかけないところが痛くなる、年を取るっていやねぇと思う瞬間です。



ちょっと思い当たるのは物置を組み立てたあと、アンカー工事のためモルタルを買いに行ったら特売で580円25キロ入りが売ってたんです。

安いなーと思ったけど25キロですからねぇ、すごく重い。迷った末、安さに負けてそれを買いました。車に積むのもやっとの事でフーフー言いながら帰ったけれど、あれはやっぱりちょっと無理をしましたわ。


整骨院の先生が言うにはこの痛みは胸筋の筋肉痛なんだと。筋肉ほぐしのため鎖骨下から肩の付け根辺りをマッサージしてチタンテープを貼ってます。



小さく暮らす準備のため

重いものを持ったりするのはいけないと怖くなりました。今後なるべく重い物を持たない方向で生活を変えようと思います。

この先、年を取るにつれ、ますます体はガタピシしていく。10年、20年後を考えると重くて動かすのが大変なものはどんどん処分し、物や家具を減らし片づけや掃除をし易くすべき。


差し当って処分したいのは長方形のこたつテーブルなんですが、これは今PCデスクとなってます。サイズが105×75とちょっと大きめ。もうこたつを作らないからそろそろ潮時かと。


代わりにガス式昇降テーブルに買い換えたい。レバーで簡単に好きな高さに変えられるし、足にキャスターも付いてるから動かし易いの。

買い替えだから家具は減らないけど、サイズが軽くコンパクトになるからいいか。

家具を減らせば物が減るので、何か処分できないかと部屋中をキョロキョロしてるけど、なかなか無いのですよね。

スポンサーリンク
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
SNSフォローボタン






コメント

  1. tao313 より:
    今日のユウさんの記事を読んで、運輸倉庫でのバイトを思いだしました。そこがまさに、25キロの袋を、ひたすら積み下ろしするという仕事。10分で息が上がり、時間が経つのが遅いこと。次第に、25キロの袋が、筋肉疲労からか、4時間も経過する頃には40キロくらいの重さに感じました。4時間働いて、4400円の収入。その仕事は、一日でやめましたが、お金よりも体を壊したら元も子もありませんからね。 それと家具ですが、断捨離で大型家具は廃棄し、今は、キャスター付きの小型家具が3つと本棚があるだけ。老後生活を見据えて、生活環境の改善中です。
  2. クレア より:
    ユウさん、こんばんは。 普段使わない筋肉に負荷をかけるとありますね、ピキっとか、ズーンとか、きしむ感じとか。 なんかこう、筋肉が錆びてるような感じがします。毎日ストレッチしても次の日また元に戻った感じです。わたしも物を減らしたいですね。今は家の中に一つインしたら一つアウトのルールを決めています。壊れた家電類もだいぶ処分しました。重い物は今しか処分できないですね、ほんと。理想の状態を目指してボチボチ頑張りましょう〜!
  3. ユウ より:
    tao313さんこんにちわ。20キロの砂利を買ったことはあったのですが、5キロ増えただけで全然違う、有り得ないくらい重かったですよ。それを1100円の時給で積み下ろしとは…酷いブラックなアルバイトでしたね。皆一日で辞めてしまうのではないかしら。 50代以降はこれからの生活を考えると、身軽になるため家具を減らす、収納を減らすになっていきますね。ワタシもまだまだ途上なので改善しなくてはなりません。
  4. ユウ より:
    クレアさんこんにちは。急に痛くなるというのが恐ろしいのです。。。きっと50歳過ぎると来ますよ~
error: Content is protected !!