兼業、副業を認めますと言われても…

先日、みずほFGが社員の副業を含む兼業を今年度から認めていく方針と発表しました。

トヨタの社長の終身雇用を守れないという発言があったので、昨今メガバンクも経営が苦しいから、お給料が下がった分は副収入で補って下さいよってことか?

でもそんなことを推奨したら仕事のモチベーション下がるだろうに…


みずほFGの社長によると、個々の働く意識が変わってきており、終身雇用を前提にした今の人事制度は限界があるため、みずほで働いたキャリアが生きる仕組みを作ることが大事。

仕事のスキル、収入向上を目的に本業の勤務時間外に働く副業・兼業について、政府が働き方改革として導入したので、それに習う方針なんだそう。

フーン、オールマイティな答えですね。

でもさすがメガバンクは副業兼業と言っても金融つながりの仕事を想定してて、コンビニバイトなどではなかったか。。。

スポンサーリンク

お金を稼ぐ特別なスキルなんて持ってない

でも一般的に本業以外に稼ぐというと、手っ取り早いのはチマチマとバイトするしかありません。

本業以外に働こうとするのは、かつてワタシの周囲では差し迫ってお金が欲しい人しか居ませんでした。やむにやまれずという事情の人ばかりよ。


子供の塾代や教育費のためバイトするママさんとか、ちょっと可哀想だったのはライブドアショックの時に株で大損して、休みや終業後に居酒屋でバイトしてた同僚男性でしたね。

チラと漏れ聞くところによると、どうも信用買いしてたらしい。

恐らくカードローンなどで借金して清算したのでしょう。いやーあの大暴落は他人事ではなかったし…災難でしたよね。


自分はというと会社員時代、休日はバタンキューで副業なんてとても考えられませんでした。休日はゆっくりしないと身が持たなかったです。

多分本業以外で働く人は定時で帰れて、体力を使わない、楽な仕事をしてる人じゃないと無理かなーと思いますね。

コメント

  1. クレア より:
    ユウさん、こんにちは。 急に副業OKと言われても社会人長い人ほど適応できないと思いますね…。 なんか会社に突き離された感じが否めません。 わたしは30ぐらいの時から現物株をやってますがそれがあったから早期リタイヤできたと思います。副業どころかリスク物ですけど、何故か合っているようです。今だとネットで何か売るとか、そういう副業が多そうですね。銀行員の忙しさだと副業は難しそうですけどね。お気の毒です。
  2. 元公務員 より:
    ユウさんこんばんは。 バブル時代のメガバンクの年収なんか、あり得ない程高かったのに、副業OKになる時代なんですね。金利が上がらないから、メガバンクは儲かる訳ないですよね。 みずほ銀行から、残念な営業の連絡が続き、まずは本業頑張ってと思います。積立NISAの貧弱なラインナップとか、住宅ローン終わってるのに借り換えの案内とか。
  3. ユウ より:
    クレアさんこんにちは。スキルアップだのなんだのうまい事云ってるけど、終身雇用からの逃げ道を作ってるような気もします。それぞれが賢く会社勤めしないといいように使われてしまうだけになりそうです。
  4. ユウ より:
    元公務員さんこんばんわ。そうでした、銀行員は大して出世してなくても高収入でした。もうこれじゃ優秀な人材は入社しないだろうし大変ですね。世の中何がどうなるか分かんないものだとしみじみ思います。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました