田舎暮らしになっても、根っから都会で暮らすシングル女性気質です

今の土地に越して来て、セミリタイヤ生活が始まってもう丸5年が経ちました。

何だかそんなに経った気がしないのは朝起きて特に何もしないうちにすぐ夕方になり一日が過ぎる、という毎日だからかと。あっという間に一日が過ぎていく。



自分では非常に満足した日々を送っていますが、これは今の50代のワタシだからで、もっと若い頃だったらこんな刺激のない毎日はとても我慢ならないでしょうね。

若いうちは好奇心旺盛だから、華やかなものに惹かれるのは当たり前。
そして若い年頃にしか出来ない事はいっぱいあるので、却って遊ぶこともしないといけないと思いますよ。

都会ならではの楽しい事もひと通り経験して、世の中ってものが判ったらもういいやとなりました。人間バカじゃなけりゃ40代の半ばを過ぎれば自分の本質が見えてくるもの。

今のワタシが田舎で暮らすのは理にかなってもいるし、自然な事なんですよね。



都会気質は変わりようがない

そういうわけで田舎ライフを満喫していますが、根本は根っから都会で暮らすシングル女性気質です。

非常にドライ思考になりますが、これはそうそう変わらない。でも女の一人暮らしで我が身を守る術でもあります。


ちょっと説明しずらいですが、田舎で暮らしていても合理的に近所付き合いしたいし、所帯臭い子供の話なんか聞きたくないんです。

ベタベタした意に染まぬ付き合いを続けるよりも、あらキツイ人ねと噂されてもイイやと開き直りますわ。


これをブレずに終始一貫すれば、この人はこういう人だと先方も悟ってくれるかと。

人生折り返し地点を過ぎて、健康寿命も先が見えて来たのに、他人の評価を気にして不本意な事してる暇はない。自分が快適でいられる事だけして暮らしたいの。

スポンサーリンク
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
SNSフォローボタン






コメント

  1. 元公務員 より:
    世帯じみた話は聞きたくないですねえ。 夫や子どもの話を延々と話されると、近づくのは辞めようと思っちゃいます。そういう話が好きな人で集まって、愚痴でも自慢でも好きなだけすればいいのにと思いますが。マウント合戦で、それはそれで大変なのかしら?
  2. ユウ より:
    もう大きい息子、娘の話なら平気なんですが、高校生ぐらいまでの子供の話は些末な事ばかりで、世界が違う…もう知らんがなです。
error: Content is protected !!