スポンサーリンク

父親というのは男性観に影響を及ぼすものです

去年はよく老後婚がいいな~などとブログに書いていましたが、今は一緒に遊びに行ったり、ワタシの面白話を「ちょっと聞いてよ~」と聞いてくれる気の置けないボーイフレンドなら欲しいと思いますよ。

やっぱりアラフィフぐらいにもなれば、皆が色々過去があり、背負ってるものがある。入籍云々になるとどうしてもちょっと…と問題が多いです。

去年は入院などしたら籍が入ってないと困るだろうと、心配性になっていましたね。何故なんだろ? でも今は健康でいればその心配も杞憂で、何とかなるさ~という気持ちなんです。
その時々で、考えが変わるものですね。



人生後半戦は自分が心地よく、楽しい事だけしたいのです。今更余計な苦労なんて背負いたくないですよ。
相手はバツアリで子持ちでもいいのですが、厄介事を一緒に背負うのは無理。そして一緒に暮らしたら色々家事をする事になり、無料の家政婦さんになる恐れも。。。

掃除は綺麗好きなので苦にならないけど、飲んべえの男だけはダメなんですよね。子供の頃に酒好きの父親の醜態を目の当たりにしたのでウンザリなんです。



どう考えてもウチの父親がワタシの男性観にすごく影響を及ぼしたなぁと思っているのですが、しかし、うちの姉はワタシと同じ環境で育っておきながら自分が酒のみ女で、しかも夫婦揃って飲んべえです。

酒が強いのは血筋で、自分が酒に強いに酒の弱い男じゃ困る、とい言うのが姉の言い分。フン、良く言うわって感じ。

子供の頃に同じものを見たくせに、その印象の強さや、それをどう感じるかは性格によって随分違ったというわけです。本当に不思議なものですね。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!