それは強烈な女装だったのです

スポンサーリンク
以前の住まいは新宿から程近い丸の内線沿線でした。

何をするにしても新宿に出ることになるので オカマさんとかホストのお兄さんとかお見かけするのはそう珍しくもありません。

新宿は慣れたら色々と面白い街ですよ。渋谷より断然親しみやすい街です。
 
あれは10年位前のこと。
その日は仕事で帰りが遅くなり 夜の10時近くに四ッ谷から電車に乗りました。
電車内は座席が殆んど埋まっていて なのになぜかポッカリ空いていた空間があった。

 
スポンサーリンク

人に見られたい欲望があるのかな

 
「なんでここだけ空いてんだろ?・・・」と、思いながらも座ったワタシはふと前を見て腰を抜かしそうになりましたね。

なぜかというと反対側の正面には ビキニの水着でロングヘアの、女装したオカマが座っていたのですよ。
 
DSCN0758
 
 
まぁーワタシも色んな女装を見たことありますが、ビキニ水着なんてさすがに無いよ。

その後、ビキニ君は四谷三丁目で降りました。
救いはオジサンじゃなくて若い男性だったことね。
 
それにしても一番ワタシを驚かせたのは 周囲の乗客が全然動じてなかった事。
あれだけ強烈なものを見て平静を装えるなんて、東京の人はスゴイワ・・・
 
 
ワタシは東京育ちなのに思いっきり狼狽して、まるで田舎者。でも普通は驚くよ。
というわけで、今でも忘れられないほど衝撃というか、面白い出来事でした。
 
この話を友人知人にしたら「いくら女装趣味でも そんなビキニで電車に乗ってないだろ」とか、「本当だったら面白すぎるでしょ」とか、全然信じて貰えなかった。

でも嘘偽りのない実話です、本当なんですよぉー

 
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました